Beetle66〜うちの子ばなし〜

connie papaの ワンコたち 
お魚たち インコさんの 話など
あと 釣りの話や、サイトの話もちょこっとね
だらだら つらつら 気の向くままに〜〜
blogのみの表示になっている場合は下記のURLをクリックしてください。
http://www.k3.dion.ne.jp/~beetle66/
       
           
                                           
LINKS
               
                当サイトはリンクフリーです。連絡不要。切るのも貼るのも御自由にどうぞ。 相互リンクは受け付けておりません。 http://www.k3.dion.ne.jp/~beetle66/
                                               
ARCHIVES
                                                               
CATEGORIES
               
                               
                                                     
           
               
                                       
                    << 衝動買い!EeePc。 | main | EeePC快適化計画その2 >>                    
                                                           
                                                           
EeePC701 ローカルディスク32G追加
                   
衝動買いで始まったConniePapaのウルトラモバイルPCライフ。
快適稼動計画は着々と進行中です。
f2dを使って本体に同胞されていたSDHCをローカルディスク化して一時使っていたのですが、トータル8Gではやはり心細く、おまけにデジカメや携帯とのデータのやり取り等も考慮すると、やはりSDスロットは空けておきたい。
また、アプリケーションをSDHCに入れておいたのですが、突如ローカルディスク化したSDHCがリードエラー発生。アプリをDドライブに入れておきつつ、プログラムファイルの登録はCドライブにもされてしまっているので、OSのBoot時にDドライブを探しにいってしまい、OSそのものの動きがとってもノロマになってしまい、結局OSを再インストール。出荷時の状況に逆戻り。
そこで、32GのUSBメモリーをPC本体に内蔵しローカルディスク化しました。
32GのUSBメモリも案外値段が落ち着いて、結構お安くなり、Netで¥9999のお店を見つけたので、購入しました。
32G USBメモリ
                                       
早速届いたUSBメモリを先日増設した内蔵USBポートに接続するが、USBメモリの筐体が大きくて内蔵用のスペースには収まりきらない始末。
結局ほかの人たちがやっている様に筐体をばらし、裸にして内蔵用のスペースに収めることに。
筐体をばらすのはリューターを使い、筐体横の接合部を剥離。
慎重にやらないと、中身に傷をつけてしまいそう・・・
USBメモリ分解
リューターである程度剥離すると案外簡単にUSBメモリは丸裸に出来ました。
USBメモリ剥離
丸裸にすると、マザー側にチップが2枚、ドーター側にチップが2枚実装されていました。
USBメモリ中身
って事は、1チップで8Gかぁ、このチップの大きさを考えると、64GのUSBメモリはもうちょっと先かなぁ。
メモリチップ
丸裸にしたUSBメモリにカプトンテープでぐるっと服を着せてあげて、PC本体のマザーボード側の内蔵用スペースにもカプトンテープでコーティング。
まずは、カプトンテープの服を着た32G USBメモリ
カプトン巻き
続いて、装着前の内臓用スペース
実装前
カプトンテープで保護した内臓用スペース
カプトン張り
そしてUSBメモリをちょっと強引に内蔵スペースに収め増設完了。
実装後
後は、このままではリムーバルディスクとしか認識されないので、デバイスドライバーを変更し、ローカルディスク化します。
まずはローカルディスク化前のOSでの認識。
ちゃんと32Gでは認識していますが、やはりリブーバルディスクです。
容量確認
次にデバイスドライバーの変更です。
まずはマイコンピューターのドライバーを変更したいリムーバルディスクを選択しプロパティを開く。
ハードウェア タグを選択し、ターゲットのディスクドライブを選択しプロパティをクリック。
続いてドライバの更新をクリックして”いいえ、今回は接続しません”を選択し”次へ”をクリック
更新手順1
次に、”一覧または特定の場所からインストールする”を選択し、”次へ”をクリック
更新手順2
ここで、”検索しないで、インストールするドライバを選択する”を選択し、”次へ”をクリック
更新手順3
ここで、更新するデバイスドライバを選択。
更新手順5
f2d.inf か ここでDL出来るデバイスドライバ(cfadisk.inf)の35行目に
%Microdrive_devdesc% = cfadisk_install,USBSTORDiskUSB2.0__CardReader_SD0__0100
を追記した物を選択してあげる。
ドライバーの更新が済んだら、”完了”をクリック
更新手順7
再起動を聞かれてくるので、”はい”をクリックし再起動
更新手順8
再起動後にマイコンピュータでハードディスクドライブの認識状況を確認。
作業後1
ちゃんとローカルディスクとして認識されています。
続いて、容量も確認。
作業後2
ちゃんと32Gで認識されています。
でも使えるのは30.1Gなのねぇ・・・
これらの手順を踏めば容量の貧弱なEeePC701も大容量化が可能ですが、Modifyはあくまでも自己責任で。
ConniePapaは一切責任は持ちません。
まぁ、内蔵USBポートを増設するだけで、マザーボードに手を加えるわけだから、その段階でメーカー保障は受けられなくなるので、この手順を参考にする人は、その段階でそんなことお構いなしとは思いますが。


                   
| conniepapaの趣味話 | 10:07 | comments(7) | - |
                   
                                                                                                   
                       
コメント
                                               
おはようございます。
この方法はSDスロットにも使えるのですか??
またこの35行目と書いてあるのは、空白の行を入れての35行ですか?
スイマセン、何も知らないのに、僕は4Gのを友達から買ってしまい中身の改造は技術が無いので出来そうにないしSDスロットだけでもローカルディスク化したいと思っています。
しょうもない質問でスイマセン。
                       
| yamada | 2009/01/14 9:21 AM |
                                               
返答遅れまして、申し訳ありません。
この方法は基本的にどのリムーバブルディスクにも使用可能です。
ただ、私がSDHCに対して使わなかったのは、頻繁に抜き差しして別なデータを取り込みたかったからです。
内蔵固定で32gのUSBメモリを追加したので、容量的に問題なくなったのも原因です。
私が改造したのは結構度胸がいると思いますので、自信が無い場合はSDカードに対してローカルディスク化で使っても平気だと思います。
ただ、抜き差しを考えるなら、書き込むものはあくまでもDATAぐらいで考えたほうが良いです。
間違ってもアプリはSDには入れないようにしてください。
また、別途記載しておりますが、MSC素子とSLC素子の違いも有ります。(これはメモリーデバイス全般)おのずとリードライトの上限回数が決まってますので、頻繁にアクセスするとマジであっさり壊れますよ。
ちなみに、現在ConniePapaha内蔵SSDを追加中です。
かなり、激しいモディファイになってます。
                       
| ConniePapa | 2009/01/20 2:13 PM |
                                               
えええ!!あっさり壊れる??
yahooーメッセンジャなどをSDにダウンロードしてSDにインストールも駄目ですか??
オフィスはエクセルとワードノミを入れていますが、これもSDに入れてます。
駄目なら、最近日本で流行ってるらしいWEBドキュメントでも僕の仕事では問題ないので、アンインストールしてみます。
そうすれば普通にメッセンジャがインストールできるので問題なかな??

改造は僕には無理なので、ぼちぼち頑張ってみます。
ありがとうございました。
                       
| yamada | 2009/01/20 5:05 PM |
                                               
結論から言うと、格安で販売しているSDはMLC素子を使っているのが大半で大体1万回程度のリード&ライトが寿命といわれています。
信じられないくらい高い価格で販売されているSD等はSLC素子を使っているため、アクセススピードも速く、寿命は10万回程度のリード&ライトといわれています。
EeePC701や901に使われているCドライブに割り当てているSSDはSLC素子を使っているらしいです。
901用で販売されている安価なSSDはもちろんMLC素子を使用しています。
だから、メーカーでも、Dドライブ専用に!と注意書きがされているんですよぉ。
まぁ、1万回のリード&ライトでアクセス不能になるのを覚悟の上で使用する分には全くかまいません。
だから毎日アクセスするようなアプリは基本的にはSLCを使っているCドライブにインストールすべき。
たまにしか使わないアプリをSD等にインストールするのであれば問題ないです。
ただし、定期的なバックアップは必須ですね。
SDに限らず、USBメモリ等のSSDタイプの記録媒体のスペックは大体こんな感じらしいです。
実際ConniePapaは最初何も知らずにSDHCにアプリ沢山インストールして、楽しんでいたら、突然フォーマットも何も出来ない状態になりました。
販売価格とアクセス回数。交換周期等を考慮した上でメディアを選択したほうがいいと思いますよ。
参考になりました?
ちなみに、内蔵USBスロットの追加はそんなに難しくないですよ。
方法はこのブログにほとんど載せてありますしね。
覚悟は必要ですが・・・
タッチスクリーン化してるつわものも世の中にはいるみたいです。
                       
| ConniePapa | 2009/01/20 5:43 PM |
                                               
なるほど、
しかしながら、今はフィリピンで住んでいるので必要な材料が手にいれずらいんですよね。
しかし、僕が友達から譲ってもらったeee4Gはタイで買ったもので最初はリナックス?でしたがXPに入れなおしたものですので、もう一度リナックスに戻して日本語化を先に試して見ます。
いじると面白そうなのですが、怖い気持ちも少々ありますので、ここでじっくり研究して頑張ってきます。又何かあれば助けてくださいね。お願いいたします。
                       
| yamada | 2009/01/22 5:38 PM |
                                               
スイマセン。
ここでリナックスの中国語バージョンを日本語化する方法を見た気がしたのですが???

探しても見当たりません。

無かったですか???
                       
| yamada | 2009/01/31 11:05 AM |
                                               
一度インストールしたLinuxの言語を変える方法は残念ながら、さっぱりわかりません。ごめんなさい。
ただ、私の経験からだと、新規でインストールしなおしたほうが早いような気がします。
ちなみに、ConniePapaはUbuntuとgOSで遊んでました。
現在はgOSで動かしてます。
                       
| ConniePapa | 2009/02/02 12:09 PM |
                                               
コメントする