Beetle66〜うちの子ばなし〜

connie papaの ワンコたち 
お魚たち インコさんの 話など
あと 釣りの話や、サイトの話もちょこっとね
だらだら つらつら 気の向くままに〜〜
blogのみの表示になっている場合は下記のURLをクリックしてください。
http://www.k3.dion.ne.jp/~beetle66/
       
           
                                           
LINKS
               
                当サイトはリンクフリーです。連絡不要。切るのも貼るのも御自由にどうぞ。 相互リンクは受け付けておりません。 http://www.k3.dion.ne.jp/~beetle66/
                                               
ARCHIVES
                                                               
CATEGORIES
               
                               
                                                     
           
               
                                       
                    << EeePC内蔵USBポート追加! | main | EeePC701SSD交換計画その2 >>                    
                                                           
                                                           
EeePC SSD交換計画
                   
内蔵USBポートを追加し、32GのUSBメモリを内蔵し、4G+32Gの合計36Gで稼働中のConniePapaのEeePC。
Ramを2Gに変更してからはかなり快適には動いているんだが、
OSで容量のほとんどが独占されているCドライブ。
以前のブログでも書いては見たが、ConniePapaのEeePC.後期型なのか詳細はわからないが、多くのEeePCユーザーが苦しんでいるCドライブについては、マザーボードにオンボードされているわけではなく、スロットインされている。(すなわち交換可能)
そのスロットの直近にはIDEと名盤が打ってあるため、ConniePapaはすっかりこのコネクターはIDEだとばかり思って情報を掻き集めていたが、実はこのコネクタ、mini pci Express スロットだそうだ。
EeePC901が発売されて少々時間が経つが、901はこのスロットが2本有るそうで、片側に4G、もう片方に8G実装されているらしい。
その8G側のSSDの交換用モジュール(16G,32G)がバッファローから販売された。
EeePC901は4GB側がSLC、8GB側にMLC フラッシュメモリ素子を採用しているらしいので、ConniePapaのEeePCには搭載不能であると思われる。
理由はConniePapaのEeePCも901もそうだがCドライブで使用されている4GBのSSDはSLC素子を使用しているからだろう。
今回バッファローから発売された安価なSSDは901のDドライブ専用で開発されているものらしく、メーカーのHPでも、Cドライブとしての使用は不可能と記載されてある。
結局現状では、肥大するOSの対策はOSの不要部分を削ったり、別なドライブに移す等の対策が必要そうである。

さて、SLCとMLCの違いで有るが、下記にまとめてみた。
MLC(マルチ・レベル・セル)チップを採用し、読み込み速度は毎秒10MB。
・高速転送を可能にするSLCチップを採用したメモリー
MLCに比べ、高速性、耐久性、省電力性に優れるSLC(シングル・レベル・セル)チップを採用。読み込み速度は毎秒20MB。
SLCの方が速くて、その分、高い。
また、NANDフラッシュの書き換え可能回数が違う。
NANDフラッシュ
1つのセルで1bitの記録を行なうSLC NANDフラッシュ(SLCはSingle Level Cellの略)
1つのセルに2bitの記録が可能なMLC NANDフラッシュ(MLCはMulti Level Cellの略)
MLCの方がバイト単価を抑えることができる。安い。巷で売られている格安の無名メーカ(ノーブランド)のものはほとんどこれ。信頼性や性能でSLCに劣る。
書き換え可能回数は、10万回程度が可能なSLCに対し、MLCは1万回程度とされる。


さて、もう少し、SLC素子を使っているmini pci Express接続のSSDを探そうとするかぁ。
もしくは、mini pci Expressスロット接続のSDHCモジュールがあれば、SLC採用のSDHCを挿して大容量のSSDが安価で作れるのではなんて、考えてるConniePapaでした。
どっちでも良いけど早くどっかから出ないかなぁ?
無かったらやっぱり自作するしかないのぉ?
                                       
                   
| conniepapaの趣味話 | 11:53 | comments(1) | trackbacks(0) |
                   
                                                                                                   
                       
コメント
                                               
mini pci Expressスロットの件ですが。。。
コネクタはmini pci Expressですが来てる信号はIDEやUSBやSATAやらが混在しているASUS独自のものですよ^^


以下に詳細が書いてあります
http://tie2.dip.jp/~tie2/archives/2008/03/09_0149.php

→EeePC Hack with in Compact Flash
                       
| 通りがかりです | 2008/09/29 5:39 PM |
                                               
コメントする
                       
                           
                                                               
                               
                               
                               
                               
                               
                               
                               

                                                                                                                           
                       
                   
                                                                               
                   
この記事のトラックバックURL
                   
http://lapiz.utinoko.lovepop.jp/trackback/770874
                   
トラックバック